ご挨拶/인사

「ANYLOVE」というタイトルで、パク・ヒョシンさんのblogを作っています。
そこで、5集に関して、みんなでアルバム・レビューを書いてみました。
自分で思った感想を多くの人に読んでもらって、少しでも広報活動に
役立てられればと思ってはじめました。
日本からもたくさんのファンが応援しています^^

*感想がある場合は、こちらのcommentsに書いてください。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:57

筋が通った一枚  by nara

このアルバムの第一印象は、「ブレがない」ということ。
多くの韓国の歌手たちは歌唱力があるのに、アルバムの構成という意味では、
欲張りすぎの感がある。「いろんなことができる自分」を出しすぎて、アルバム
を通しで聴いたときには、お腹がいっぱいになりすぎてしまうのだ。
でも、ヒョシン君はそんな中で常に音に物語がある人だ。ミディアムテンポ、
アップテンポとリズムが違うものを取り入れながらも、全体に心地よい統一感
がある。今回のアルバムは、新しさがありながらも”ブレないパク・ヒョシン”が、
今まで以上にとても強まった作品だと思う。アルバム全体がまるでショートム
ービーのような起承転結でまとめられているのが特徴だ。アルバム制作に
時間がかかったのは、この部分へのこだわりがあったからに違いない。

Eric BenetがDavid Fosterと組んだように、パク・ヒョシンも진보라と組む
など新しいチャレンジをみせている。ただ、個人的に思うのは、アコスティック
な質感を高めるなら、オーケストラよりもアカペラを増やすとか、4集のような
アコギやピアノ音を強調したほうがよかったかと思う部分も。4集の音が、
ニュークラシックソウルのテイストをうまく表現している部分があっただけに、
R&B好きとしては、アレンジに関しては6集での飛躍をさらに期待したい。

しかしながら、甘くやさしい歌い回しなのに、やっぱりメランコリックな気分に
させるのは、パク・ヒョシンという歌の魔力なのか? あぁ、聴くたびに切なく
悩ましく、病みつきになる。5集が出たばかりなのに、もうすでに今後の変化
も楽しみでならない^^

また、最後に一言。
パク・ヒョシンさんの新しい歌唱法は素晴らしく、私たちに新たな感動を生んで、
心にも訴えかけます。でも、過去のヒョシン君の歌い方も忘れることはできません。
他のシンガーにはない個性がたくさん詰まっていて、本当に素晴らしかったと思います。
私たちは“あの声”に心打たれ、パク・ヒョシンさんのファンになりました。
今、韓国音楽界では、アンチソモル唱法がブームになっているようです。
あなたの歌い方は、そんなブームメントも吹き飛ばす、力があることを確証していますが、
アンチソモルがブームだからこそ、あえて提案してもよろしいでしょうか。
ソモルを捨てるのではなく、ソモルも今のようなソフトも歌う歌手になって
ほしいというのが、本音です。
アンチソモルの今だからこそ、VIVAソモル!!!
あなたが歌うLuther Vandrossをこれからも聴きたいと思うのは
わがままな願いでしょうか。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:50

待つということに  by nac

首を長くして待った甲斐がありました。
嬉しくて嬉しくて、アルバムのタイトル通り、とてもソフトで、
全体的に大人っぽい感じで。
アルバム創りの最中にトラブルが有ったせいなのか?
とても優しい気持ちにさせてくれる・・・と思いました。
当分、会社のPCで聴きながら、仕事をする事になりそうです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:48

気持ちよい裏切り  by tei

私が『パク・ヒョシンらしい』と勝手に思っている切なさもありながら、
やわらかい爽やかさが前面に押し出されて、想像と少し違った
『気持ちよい裏切り』に何ともいえない心地よさを感じます。

カバー曲もオリジナルの良さを残しながらも「らしい」アレンジが効いていて新鮮。

妊娠中も陣痛中も(笑)ヒョシン君の歌声に支えられ、
そしてもうすぐ1歳になる子育て中の今、素敵なプレゼントを戴きました。
次回作は私の人生のどんな時にやってくるのか、早くも楽しみに思ってます。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:48

1冊の詩集を読んだような心地よさ by sky66

4集が大好きで、それからアルバムをすべて集めました。
4集のようなダンサブルな雰囲気はないけれど、叙情的な
ヒョシン君の集大成のアルバムということで、1枚はあるべき
作品だと思います。
海を感じるという部分では、大好きな"Jack Johnson"っぽい
テイストも少しありますね^^ 
R&Bだけでなく幅広く音楽の世界が広がっているんだな~と
実感しました。R&B好きはもちろん、バラード好き、アコスティック
な音楽が好きという人にも楽しめるアルバムです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:47

今、そして10年後・・・ by Yuming

1集には1集の若くて懸命な歌い方があって、
4集にはより洗練されたクォリティが感じられて、
そして、5集でまた新しい表現を見つけて、ステージが上がった感じがしますね。
パク・ヒョシンというと、うなるような歌い方の代名詞のように言われがちですが、
1枚1枚本当に味わいが違います。
このアルバムは、曲調は穏やかですが、ヒョシン君ならではの情感は前以上に
たくさん詰まっている作品だと思います。
こうやって1枚1枚成長するパク・ヒョシンという人は、10年後にはどうなってい
るんだろう、と思わずにはいられない作品です。
大衆音楽を見つめなおした、と聴きましたが、決して大衆過ぎない、不思議な
バランス感があるアルバムです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:46

やられました by ironar

"雪の華"ではじめてヒョシン君と出会い、それからアルバムを買い集めて
今回初めて発売と同時に聞くことができました。 
一度通して聞いた感想「う~ん やられた」です。
骨太で、それでいて柔らかく、今までの歌い方を払拭し、これは入魂
だったと思います。 ソウルを感じました。
個人的にはアップテンポのものも1曲入れて欲しかったかな。そういう曲
をこの歌い方で歌ったらどうなるのか?私の興味はつきません。
でも聞けば聞くほど色が変わるような気がします。
「歌」を「音楽」大切にしている姿勢が伝わり、昨今感じたことのないような
心の奥まで染み渡るそんなアルバムです。
ホントに韓国人?と思ってしまいました。  

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:45

男も泣かせます by yuming’s husband

このアルバムは、妻よりも私がハマっています。
正直、韓国人の歌手で、R&B? となめていました。
でも、本当に申し訳ない。謝ります。
私のようなR&Bにどっぷりハマった世代の人間であってもパク・ヒョシンは泣けます。
一体あなたはどんな20代なんだろうと、ちょっと恐ろしくなりました。
贅沢を言えば、あなたの声は、もっとアコギで生音系と合う気がします。
今回もかなり挑戦していますが、スムースジャズ系も次回はもっと増やして、極めてほしい。
しばらくは我が家では、パク・ヒョシンばかり流れそうです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 01:45

TONY RICHを聴いたときに似ている  by tam

今までR&BやJAZZばかり聴いていたので、韓国のR&Bとはなんぞや、
と思っていました。4集はグルーヴ感があって歌がうまく、こんな人が韓国
にもいるんだ、と驚きましたが、今回のアルバムはまた雰囲気を変えてきましたね。

第一印象としては、95年に発売になった"THE TONY RICH PROJECT"の
"WORD"というアルバムを聴いたときのような懐かしさがありました。
アコスティックベースの穏やかなバラード。韓国のバラードというと、酸欠しそうな
ほど張り上げ歌い回すものが多いと思っていましたが、個人的にはこのアルバム
ぐらいの歌い回しがあなたには合っていると感じます。オーバーな表現は誰にでも
できます。小さな心の機微を声や歌で表現できるのが真のアーティストかと。
ただ個人的には、久保田以外のカヴァー曲の選曲は、ずいぶんメジャーな曲を
選んだんだな、と思いました。上手に歌っていますが、原曲がいいだけに、正直
チャレンジャーだなと。
次回は、TONY RICHとかTracy Chapmanあたりはいかがでしょうか? 
と勝手にリクエストしてすいません。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 00:04

ナチュラル  by mikalita

聞くたびにその優しさに癒されるような感じがしています。
切なさを搾り出すような今までの歌声も好きですが、
今回は本当に優しくやわらかいですね。
ジャケを先に見ていろいろ想像していたのですが、ヒョシン
くんの表情そのままの雰囲気がアルバムに出てると思います。
聞いた感じのイメージは”海辺の光”。前半の爽やかな曲では
やわらかい太陽の光、ジャジーでしっとりと歌い上げるところは
静かな月の光という感じ。彼の歌声はそんな光なって私に降り
注いでくるわけです。波音やピアノなど自然な音が多くてとても心地よい。
それはそよ風のよう。全体的にとてもナチュラルな感じがします。
アルバムにも入っていたようなライブでも聞いてみたいです。
最後のヒョシンくんのささやきがすごく好きです☆

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 00:03

セピア色のノスタルジックなサウンド by Myoung

誤解しないで下さいね。
決して古臭いという意味ではありません。
懐かしくて、やさしくて、暖かくて、陽だまりの猫みたにあまりに居心地が良くて
うっとりしてしまう、そんなサウンド。 
大きな音で聴いても耳にやさしく、小さな音でBGMとして聴いても存在感がある、
正に職人芸の手の込んだ音作りで、極上のアルバムじゃないでしょうか? 
そしてこんなに長い間このアルバムを待ち焦がれ、やっと手にしたアルバム全体を
これほど何回も繰り返し聴いたことは過去になかったような気がします。
私好みのヒョシン君の作り出す音や曲は、彼の意図とは裏腹に決して大衆音楽とは
言い難いものがあります。
彼のサウンドや曲たちはとても品格があり上質でオリジナルティーに溢れた優れもの
達だと思います。これからもこのレベルを底辺にして更にステキなアルバムをいっぱい
私達に届けて欲しいです。
このアルバムを通し彼の作り出す音楽の世界の限りない広がりと可能性をも感じ、
もうすでに次のアルバムが楽しみになってます。

\今回のカバー曲の3曲はヒョシン君歌いこなしていてもうすっかり彼の持ち歌
のようですが、もっとオリジナル曲を入れた方がよかったのでは。

更に円やかになった声と高音での軽い歌い方の曲も好きですが、やはり"LOST"
が一番ヒョシン君らしくて私の一番のお気に入りです。"메아리"は多重録音の
素晴らしいハーモニーを聞かせてくれました。ジャズのスタンダード曲のような
"사랑을 비우다"と" 그립고... 그리운..."、この2曲なんとも言えず心地いい。
"Like A Star"もお気に入りのDuet曲の1つですが聴いているうちにミスマッチ
なDuetに感じてきました。でも歌い方が多少変化していてもヒョシン君はやはり
ヒョシン君、どれを聴いても感動を与えてくれます。

HipHopやDance音楽に慣れていた耳に、はじめ物足りなさを感じ、このアルバ
ムに慣れるのにほんの少し時間がかかりましたが、聴けば聴くほど奥の方から
何かこみ上げてくる熱いものを感じ、また聴く時の気分や日によって曲の好みが
変化するということにも気づきました。ちょっとやそっとでは飽きがこないアルバムです。

ラテン系サウンドのバラードとかSmoothジャズっぽいアレンジのバラード曲も
入れて欲しかったかななんて生意気に思ってますが、またR&B系の曲も次回
のお楽しみに。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 00:02

新しいヒョシン君~さざ波と共に~ by sena

最初、このアルバムを聴いた時とっても驚きました☆
ヒョシン君の歌唱が変わっているではありませんか!
従来のWOW WOW~YAH YAH~があまり聴こえて来なくて、
歌い方も妙にシンプル。まるで"雪の華"のような歌い方だと思いました。
私は従来のソウルフルでパワフルな、また情感こもった歌声が大好きだ
ったので、実を言うと最初かなり物足りなさを感じてたんです。
「これはヒョシン君の歌じゃない・・」と。

しかし、日々5集を聴く度に自分なりにこのアルバムを理解し、じわじわと
良さが分かる様になりました。アルバムが届いてまだ1週間余りですが、
もうかなり"大好き"な領域に来ています。
5集は17曲全てが一つの物語の様です。曲の合間に진보라さんを
始め素敵なBGMが流れ、曲同士の流れを作ってる様に思います。
さざ波の音、ピアノやフルートの音色、可愛らしいオルゴールの音、
素敵なBGM達がヒョシン君の歌に彩りを添え、更にアルバムのグレード
を高めている様に思います。

私のお気に入りの曲は"Lost","그립고... 그리운...","Like a star"
"Now&Forever","1991年 寒風が吹いた夜","My Love"です。
タイトル曲の"추억은 사랑을 닮아\"もドカーンではありませんでしたが、
じわじわとお気に入りになって来ました。これからもまたお気に入りが変
わるかも知れませんね。ヒョシン君の歌は奥が深いですから(笑)。

私も、もう次のアルバムが楽しみになっています。これからどんなカラー
のヒョシン君が見られるのか、ワクワクします。あまりメディアの前に姿
を現さない彼ですが、アルバムが彼の姿だと思って、これからも胸を熱
くして聴いていきます。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-31 00:00

やっぱりPark Hyoshinでした by tomo

発売から一週間後に手元に届きました。
届いてすぐ聴いてみた時は「3年余りのブランクは新しいパク・ヒョシンへ
の道のりで、歌うことへの想いが沢山詰まっているな...」と。
"메아리"が流れた時は「ちょっと恐ろしい」と「なんだか新鮮だな」という
気持ちで"LOST"よりも強いインパクトがありました。
でも、毎日聞いていると、鼻唄ですぐにでちゃうのが"LOST"と"思い出は愛に似ていて"。
そして、歌えないけど歌いたいなあ~と思うのは、新しいヒョシン君だけれど、そこには
今までのヒョシン君らしさを感じるような"그립고... 그리운..."とやっぱり彼にしか
歌えないだろう"메아리"(最初の印象とは変わってきました)。
そして、歌ってはいませんが"Turn The Page..."のとっても短い朗読が大好きです。
アルバムで「春」を感じる皆さんがほとんどでしょうが、私には「春」よりも「初秋の暖かい
陽だまり」のような5集でした。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:59

癒しのアルバム by sakura

待ちに待ったヒョシン君の5集は期待を裏切らないすばらしい曲ばかりです。
"The Breeze of Sea"・・・ヒョシン君の奏でるそよ風は爽やかで、
すがすがしく春のような感じです。
聴けば聴くほどに心に染み渡り、やさしく幸せな気持ちにさせてくれますね。
私にとっては癒しのアルバムです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:58

飽きさせない・何度も聴きたくなるアルバム by ayumi

今までとの比較は、うまく語れないので、今回のアルバムを聴いての感想を書きます。
全体的に、壮大で完成度の高さを感じました。
そして最初から最後までの流れが、一つのストーリー性を感じられて、終わった時に
心地良い余韻と、とても名残惜しい気持ちになりました。
#02 ピアノの音色にのって歌い上げるヒョシン君の歌声は、ソフトで洗練されたもの
で馴染みやすいメロディラインも好きです。ぜひ自分でも歌いたいです。#03 きれい
なメロディラインをとても丁寧に優しく歌い上げているところに鳥肌が立ちました。
#08 低音も魅力的だけど、高音のパワフルな声の伸びが特に魅力、ぜひライブで
聴きたいです。#11 ヨーロッパの街並みに合いそうなおしゃれな空気感が心地良いです。
#16 ヒョシン君の甘い歌声にしびれました。久保田とは、また一味違うソウルを感じました。
これからのヒョシン君の無限の可能性を感じました。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:57

ある海辺の一日 by shoko

アルバムごとに色合いが違い進化を感じさせてくれるヒョシン君。
今まで4集"soul tree"が一番のお気に入りでしたが、
この5集"The Breeze of the Sea (The Ballad...)"を聴き始めてすぐ、
「これは良い!!」と感じました。4集はたとえて言うと1曲1曲がメインのような
主役級勢ぞろい豪華アルバムのようで、とても好きな曲ばかりなのですが
「これもあれも」みたいに目移りしてしまう感じがしてました。
が、5集は主役、脇役、大道具、小道具、その他すべてがしっくりとまとまって
いて「ある海辺の一日」を物語にした様に、聴いていて流れに違和感が無く、
まさに自分が浜辺にいるような心地よさがあります。

そしてもう一つ感じたのは、全体に漂うアコースティックな音色です。
チン・ボラのピアノはとても清涼感があり、ヒョシン君の声質と調和して、
アルバムの印象を素敵な物にしているように思います。そして時々使われ
ているウッドベースの落ち着いた音は心に染み入ってきます。
でも一番はやっぱりヒョシン君の従来とはちょっと違う進化した声と歌い回し。
少し抑えて成熟した彼の声には表情があるように感じます。そしてそれぞれ
の曲にピタッとあった声と歌いまわしでとにかく飽きることがありません。
これはもう天才的!!
彼の3年間の想いが詰まった素敵なアルバムです♪
そして、これから先、またどのように進化していくのか?
もう次が楽しみになるアルバムです♪

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:55

いつも一緒 by kumi

とても静かで、まるで流れるように、私の心に届いてくる。
最初に、そんな印象を持ちました。
穏やかでも、熱い想いがちりばめられた曲からは、いろいろな
風景が見えてきて、映画をみているような・・・そんな気分に
させられるアルバムです。
その中でも、#07"미워하자"が大好き♪ 曲も声もソフトなのに、
その奥にたくさんの想いが見えるようで、最初から釘付けになった曲です。
お天気の良い日も、雨の日も・・・楽しいときも、淋しい時も、時を選ばず
にピッタリとはまるそんなアルバムは初めてで、これから色々な時を、
ヒョシン君の5集と共に過ごし、私の思い出と重なって行くのだなぁ♪ 
なんて思っています。
これからの活動 楽しみにしています

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:54

心地よいソフトさ   by Traxlove

なんて言うのか、久しぶりに癒される音楽です。
そして、なにより声がさらにソフトになった事。
心地よくて心地よくて久しぶりによぉ~く聞き込んでいます。
中でもRichard Marx の"Now & Forever "のカバー。
Richard Marxは中学の頃大好きだったので、うれしかったです。
しかもアコギの部分までヒョシン君の声で。
たくさんの方が"Now & Forever"をカバーしてきたのを聞いてきましたが
オリジナルのとはまた違った魅力でこっちもいいなぁって
私の中で3本指に入る"Now & Forever"でしたよ。
とにかく本気で癒されて心地よい音楽久しぶりに聞いた感じです。
ステージでも一寸の狂いもない音程力には本当に感激しちゃいました。
目の前で聴いてみたいなぁ・・・、 とLiveを楽しみにしています。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:52

1ヶ月たちました  by Yuki

待ちに待った5集が出てから、もう1ヶ月です。
毎日何度も聞いています。どの曲も好きですが、
"미워하자"のイントロが流れてくると、
何故か、ほっとします。
哀しい詞なのに…、その次の"그립고... 그리운..."が
私は一番好きです。
"사랑을 비우다"は、すでにJazzのMasterpieceみたい
な趣がありますね。(こういう言われ方はお嫌いでしょうか?)

最後になりましたが、素晴らしいアルバムをありがとう。
近頃、これほど統一感のある1枚は珍しいと思いました。
5集の新しい風は、よい意味で、私の心を騒がせます。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:47

いくら聞いても聞き足りない・・・ by noul

CDが手元に届いて3週間が経ちましたが、
未だに他のCDを聞く気になれません><

聞けば聞くほど、どんどん静かに沁みてくる感じです。
構成がとっても素晴らしく、まるで1本の映画を見てるような
ストーリー性を感じます。
今までのアルバムとは一味違う、甘美で穏やかな歌声と
優しいメロディーの曲。
特にピアノやギターなどのアコースティックな音がヒョシンくんの
歌声を美しく際立てています。
今までの深い歌声よりもより深く心に沁みる気がします・・・
今までのアルバムも味わいが違っていてそれぞれ気に入ってましたが、
この5集が一番のお気に入りになりました^^
"추억은 사랑을 닮아"→"메아리"
"미워하자"→"그립고... 그리운..."の流れが時に好きです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:40

こんなにも心熱く…  by msk

とっても待っていたアルバムです。
詞の全てを聞き取れる知識もなく、ただヒョシン君の歌が、
歌声が好きで聞き続けて丸3年。今回も期待を裏切らない、
心地よいアルバムをありがとう!!

私は、ヒョシン君のデュエットに特別な思いがあります。
歌は、ハーモニーがあるものがとても好きなので、
今回も"Like A Star"が入っていることがとてもうれしいし、
ハモったときの声の伸びというか、もう、大好きです。
私も歌うことが大好きでした。歌は、聞くより歌ったほうがずっと楽しい!! 
今度生まれかわったら、シンガーになりたい、ヒョシン君とデュエットしたい~~

ヒョシン君が歌えば、カバー曲もすべてパク・ヒョシンの曲になり、
私の心を熱くします。結局、5集の曲すべて大好き。
やはり曲のレビューを書ける力はありません。
それなのにこんなにも書いてしまってすみません。

家で、毎日PCに向かい仕事をする日々。友達にソウルで買ってきてもらった
5集が届いたのが10日前。仕事の邪魔をしない安らげるアルバム。
10日間、聞き通しです。明日もたぶん聞くでしょう。
そして、そろそろ違うアルバムをと思ったときはたぶん、真っ先に
"NEO CLASSICISM"を聞こうと思う私です。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:39

Natural&Relax by Mi Hyang

波音とフルートから始まるIntroから一気に引き込まれます。
タイトル曲"추억은 사랑을 닮아"から耳にする甘美で柔らかい歌声は
本当に広い海の波音と風の音のようです。
はじめての人も古くからのファンも楽しめるアルバムです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:38

私の心にしみる歌声が・・・ by hana

首を長くして待っていたアルバムが発売されて、1ヶ月。
友人に韓国から買ってきてもらい、約2週間、毎朝毎晩通勤途中に聴いてます。
今までと違う曲調に最初は、本当にヒョシン君?と思っていたけれど、
聴いていて本当に心地の良い声と曲。中でも7曲目の曲がお気に入りです。
いつ聴いても心穏やかになります。歌詞を理解出来るほどではないけれど、
ヒョシン君の歌声が大好きです。さらに今回のアルバムの中では高音を
きれいに歌い上げていて、もっと好きになってしまいました。
アルバム全体がすてきな流れに作られていて、すばらしいと感じています。
ぜひ、ライブで聴ける日がくることを願って・・・。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:37

聴くほどに好きになる by ranran

「5集」で初めてヒョシンくんに出会いました。
「눈의 꽃」を歌ってた方ってことしか知らないまま手にしたアルバム。

かなりハマります。全体としての流れがよく出来ているので、一冊の本のようですよね。

正直言うと、一度目聴いたときにはスムーズに流れていきすぎて(笑)
「インパクトちょっと弱いかな」って失礼なこと思ったんですが、
聴けば聴くほど好きになって行きます。

不思議なのが、聴く時間帯によって、聴いてるときの気分がすごく違います。
わたしだけかな?(笑)

朝起きた時に聴くと「春のようにさわやか」と言われる方が多いように、
さわやかなんですよぉ~。
そして、昼間、ちょっと眠い時間(笑)に聴くと子守唄のようにやさしい~。
けど、わたしは、午後11時ごろにこのアルバム聴くのが一番好きかもしれません。
この時間帯に聴くと、ヒョシン君の声がたまらなくセクシーです。

一番好きなのは、やはり活動曲に選ばれるだけあって素敵な"추억은 사랑을 닮아"
ですかねぇ。最初カムバックステージで見たときには「なんか静かじゃない?あれ?」
って思ったんですが、これ、聴けば聴くほど良いです~。

二番目に好きなのは、"Lost"です。
この曲は一番最初に聴いたとき、なぜか涙が出ました。
ハングルわからないので、歌詞で泣いたわけじゃないです。
声が心に触れてくるんです~。

三番目に好きなのは8曲目の"그립고... 그리운..."です。

カバー曲の"My Love"は原曲知らないんですが、これ、高音がたっぷり楽しめるし、
良かった~。

あ~、アルバム全部欲しくなりましたぁ~。
ライブも死ぬまでに(笑)見て見たいです~。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:35

頭痛が・・・by pabo

頭痛が直るとはいえませんが、5集を聞いて頭痛は忘れられました。
体調の悪い方にも聞いていただけます。
痛みを忘れた状態で眠りにつくことができますよ。
さわやかな歌声とリズムに満ちた1曲目と、「Lost」以外の全曲。
さわやかだけど、高音の裏声部分は強さもあり、聴き応えがあります。
「1集」の「せつなさ」の好きだった私は"Lost"のつらい・悲しい雰囲気も大好きです。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:33

レビューと言うよりファンレターになってしまいました^^; by AZU

この1ヶ月私はあなた様の海に溺れきっております。
きっと色々なご苦労を乗り越えて出したあなた様の答え。
私達も深く深く受け止めております。難しいことはよくわかりませんが、
韓国の忙しい音楽サイクルの流れの風潮に、良い意味で一つの
アンチテーゼを投げかけたことになるのではないでしょうか? 
いいものをゆっくり時間をかけて作る。アーティストが納得の行くもの
を作ることができる音楽環境。そんな考えが浸透していく事を私達も心から願っております。
本当にお待ちした甲斐がありましたよ。あなたの出した答えに大喝采を送りたいです。 

どの曲を持ってしても心の奥深くしみこんでくるあなた様のお声の素晴らしさと説得力。 
私がまずあなたに惹かれてしまったあの唸り声は今回は抑えて作られたようですが、
それでも何でも、心を揺さぶられることにはなんら変わりない。だって、ヒョシン君だから。 

初めてこのアルバムを聴いた時は、あっさりして、心地良く、あれ?っと思いましたが、
聴くほどに、もう抜けられない、これは完全に中毒患者と呼ぶしかない状態でございます。
やさしくふんわりと包み込んでくれるようなあなたの新しい魅力のとりこでございます。
ごめんなさい。でも、私の中でのベストは"LOST"です。
あなたの新しい試みの作品の数々の中から、これを選んでしまうのは、申し訳のない
ことかも知れませんが、やっぱりヒョシン節が聴けて嬉しい。
♪エ~~~イイェ~~~エ~~~イイェ~~~にすっかり参っています。
もちろん他の曲も全部好きですが、一曲これを入れて下さってありがとうと言いたいです。
韓国語にはまだまだ未知の状態ですので、歌詞がまったくわかっていないのですが、
それでも、曲の様子から伝わってくる、アルバム全体を貫いている一体感。
ひとつの映画でも見ているような感じ。 

でもでも、どうか是非、日本のファンの前で、あなた様のお歌を聴かせていただける
機会を作っていただきたいと望んでやみません。
いつの日か必ずお願いします。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:33

何色になっても・・・ by hanakage

あなたがどんな色に染まろうとも、どんな花を見つけて、
その花を摘もうとも、あなた自身の音楽にかける気持ちにゆるぎはないでしょう。
今までの自分を否定するのではなく、前に進む力として以前の自分をシャッフル
していくあなたは、今の私には眩しいぐらいです。

冬の海から 春の海にいざなってくれる歌声に寄り添って、浜辺に散歩しにでかけましょうか?
知らない街で、憮然と立ちすくんでいた私に、パステル色の花を何本くださったのでしょうか?
パク・ヒョシンがパク・ヒョシンであることに、ひとまず安心して一歩 足を踏み出しましょうか?

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:30

"時を聴く"歌声 by Heidi

出会いは、"Soul Tree"です。
あの独特な世界観に魅了され、ヒョシンさんの新譜を
楽しみに待っていた一人です^^

今回の5集ですが、今迄以上に感覚的な構成ですね^^
"Instrumental"に至るまで、楽曲すべてが柔軟な音の連鎖のように
積み重なり、沁み込んでゆく・・・
そして、終わりが来ても終わりを感じさせない、そんな印象を抱きました。

個人的には、"사랑을 비우다"がお気に入りです。
淡々としたメロディーの中でヒョシンさんの声音が
フレーズを追うごとに気だるく変化してゆき、一つの楽曲の
中にいくつもの深い時間が流れているのを感じられたからです。

とはいえ、"時を聴く"歌声は何処までも澄んでいて瑞々しく・・
素敵な作品をありがとうございました。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:29

沁みる歌声 by natu

毎日の通勤電車の中で聴いています。
地下鉄の騒音の中でも、耳元で囁くような柔らかい高音の響きは、
たいそう心地良いです。

今のお気に入りは、#6から#8の3曲。
#6は、もっと長~く聴いていたい曲です。繊細で美しいスキャットは、
一日の最後に眠りにつくまで聴いていたいし、翌朝目覚める瞬間にも、
聴いていたいです。
#7を初めて聴いた時、涙がこみ上げてきました。柔らかな歌声で、
優しく肩を抱かれているような、そんな甘酸っぱさを覚えました。
歌いきった感じの#8は、ヒョシン君の歌声の多様さと、その中にある迫力、
そして厚みのある低音と丸みのある高音の、どちらも繊細なヒョシンワールドが、
心に沁みました。
あの美しいファルセットが大好きです。

ヒョシン君はまだ25歳(韓国ではもう27歳ですね)、"今しか"歌えない歌が、
たぶんあると思います。
たとえば風の中を走り抜けるような、疾走感があるポップな曲も、聴いてみたい
と思いました。

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 23:27

いつのまにかどっぷり…  by Youmogu

ヒョシンくんの5集は、連作短編集のようですね。
短いインスト曲を挟んで全編がひとつの大きな物語のようにつながりを
持って並んでいて。一曲ごとに、本のページを開くように次々と、海の風景
や思い出や見たことのない映画の一シーン、そしてヒョシンくんがライブハ
ウスで歌っている姿・・・と、いろんな映像が目に浮かんできます。
意図的なのでしょうか。少しソフトな歌い方になっていて、これが個人的に
むちゃくちゃツボでした!
勢いでぐいぐいと迫ってくるわけではないけれど、海岸に打ち寄せた波が
砂浜に着実にしみこんでいくみたいに、気づいたらどっぷりヒョシンワールド
の音の波に浸っていた・・・ そんな作品でした。
リメイク曲が3曲もあったのはちょっと意外でした。
Breeze of the seaというタイトルのイメージからは少し離れているよう
にも感じるし、前回のアルバムがリメイクアルバムだったから今回は全曲
オリジナルで揃えて欲しかった気もしますが・・・。
でも、原曲とは全く違うアプローチですっかりヒョシンくんのモノにしてしまう
ところはさすがです。
最後の2曲あたりは、おまけ的に受け取ると楽しめるのかな~と思いました。
ヒョシンくん自身が歌うコーラス、かなり力が入ってるとみました。
おだやかな海風のようにすべてを包み込んでくれそうなコーラスが満載。
メインボーカル以外の部分でもヒョシンくんの多彩な歌声が楽しめます。
ヒョシンくんの作曲センスにも脱帽です。
彼が作曲にかかわった作品は、日本の演歌やニューミュージックにも通じる
香りがして、きっと日本人にも受け入れられやすいんじゃないかと思いました。
日本人の音楽ファンにも、もっとヒョシンくんの歌を聴いてもらえたらいいのに!!
といいつつ、本当はなるべく人に教えずに大事にしまっておきたいような気持ち
もするのですが・・・^^;

한국어
[PR]

# by breezeofthesea | 2007-03-30 00:10